パリのヤカン

新緑と真夏が一緒にきてしまったパリ、Tシャツでも汗ばむほどの暑さでした。娘と6日間のパリ旅行、といっても中3日半、アート、デザインにふれながらの歩きに歩いたパリでした。
昨年12月にオープンされたルイ・ヴィトン財団美術館、ブローニュの森のアクリマタシオン庭園の中にあります。空に向かって飛ぶ舟のような軽いイメージの建築、アメリカのフランク・ゲーリーの設計です。コンテンポラリーアートのミュジアムです。
f0115891_15145786.jpg

日曜日、のどかなヴァンブの蚤の市、そこにはいろんなヤカンやポットが売っていました! 
古いものをピカピカに磨いて売っているのは買って使う人が多いからでしょう。
f0115891_16164181.jpg

ポットとヤカンは買って来たものです。1950〜60年代のもの。どっしりとした生活感があるいい顔をしています。おばさんは「まだまだ使えるよ」って。2つで40ユーロ。
f0115891_0552645.jpg
f0115891_0545818.jpg

8年前、マレ地区のこの店で赤いヤカンを買ったときは、ヤカンに水が入っていました。「パリの水も持って帰る?」って云ったおじさん、そのことを話すと10ユーロも負けてくれたコーヒーポットです。残念ながら中はペンキを塗ってあり匂いが強くて使えません。
1950年くらいのものです。
f0115891_133382.jpg

このヤカン胴にくぼみがあり私の好きなヤカンでした。
残念ながら買うのを諦めたヤカンです。
f0115891_1682678.jpg

テニススクールに入ってるエートのおみやげ。テニスボールのガム。
表面が本物のようにざらついています。
f0115891_173099.jpg

今流行のお菓子屋さんのエクレア。ズッキーニのようなユニークなデザイン、、
ホテルで娘といただきましたが、???のお味。デザインが優先。
f0115891_1105363.jpg

アッ、ヤカンのシュガー。  やはりヤカンは愛されてる!うれしいです。
f0115891_1124474.jpg

外国には大人の絵本の売り場があります。なんと切ない老人の話。老いること、
人生を考えるいい絵本です。
f0115891_15271777.jpg

f0115891_117212.jpg

アスティエ.ド.ヴィラッドのアートなカップ。建築のようなホルム、
ゴツゴツする手ざわりがなかなか快感です。
f0115891_1585315.jpg

[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2015-05-31 17:41
無事帰られたのですね。
東京の暑さに負けないようお大事に。
Commented by fukuyoka at 2015-05-31 18:54
Saheiziさん ありがとう。いい刺激で元気にしています。それにしても暑いですね。
Commented by c-khan7 at 2015-06-07 16:31
沢山のヤカンのお土産、税関の方に不思議がられませんでしたか??
Commented by fukuyoka at 2015-06-08 16:05
c-khanさん 勿論、出国の時ひっかかりました。
「ヤカンコレクター」って云いました。税関のひと???で笑ってましたよ。
by fukuyoka | 2015-05-31 15:52 | Comments(4)