インドのチョッと危ないヤカン

インドのヤカンを手に入れたい、それも一般に使われているヤカンが欲しくて、ネット検索の中で偶然に見つけたのが路上のチャイ屋さんがチャイを入れる時に使っているこのヤカンです。このアルミのヤカン、なんと強火にかけるとアルミが溶けて形がへたるそうです。ヤカンが溶ける!聞いた事もない話しに口もあんぐり驚きですがでも何となく楽しい気分になります。やはり素朴な手作り、胴はへら絞りで成型、口は砂型の鋳物、切ったり、延ばしたり、叩いたり、小さな工場で作られたこのヤカンに無骨な逞しさを感じます。値段は1980円です。

取っ手はゴムのチューブです。
f0115891_12473295.jpg

注ぎ口は切りっぱなしで相当危ないです。
f0115891_12504197.jpg

[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2012-08-24 10:54
おもちゃじゃないの?^^。
Commented by fukuyoka at 2012-08-24 22:09 x
saheiziさん おもちゃのヤカンの方がまだ作りがいいですね。安物だけど安物でない所が又いいのですねー。
Commented by c-khan7 at 2012-08-26 23:19
注ぎ口だけみると、インド象。
しかし、湧かすと溶けるヤカンとは、、ヨガでもやってるのかも。
グニャッと曲がりまっせ〜〜。
Commented by ginsuisen at 2012-08-31 08:04
チャイを入れるものなら、溶けても構わない。作っちゃおう!この感覚がインドのすごさなのかも・・ですね。
Commented by fukuyoka at 2012-09-05 16:02 x
c-khan7さん 出来のいい子もいいけど、こんな不出来な子もまた可愛いですネ。
Commented by fukuyoka at 2012-09-09 11:51 x
ginsuisenさん アシャのような美しい手仕事もあればこのような雑なものがあるインド、これだけ人の生活に差があるのですね。このヤカンなかなか使いいいのですよ!
by fukuyoka | 2012-08-24 10:40 | Comments(6)